文字サイズ 中 大 特    カラー 反転
資料請求はこちら日本尊厳死協会本部事務局
9:30-17:00(土日祝休)map
03-3818-6563
正しく表示されない方はこちらへ

03-3818-6563資料請求はこちら
正しく表示されない方はこちらへ
メニュー
『リビングウイル』とは

★ 話題の記事

インタビュー・希望を言えば最期はやはり自宅でご夫婦で20年来の日本尊厳死協会会員である俳優の近藤正臣さんが6月18日、東京・六本木の政策研究大学院大学で行われた協会設立40周年記念の第5回「日本リビングウイル研究会」に登場して、1時間にわたって300人の聴衆に入会の動機や自らの死生観を語り尽した。聞き手は長尾和宏・協会副理事長。
2016.10.03
2015年度「医療相談」千件越す協会が行っている電話「医療相談」の2015年度相談総件数は1180件と年間で初めて千件を超えました。医療についてわからないことや悩みをお聴きし、相談者に必要情報を提供して支援する活動が広まっています。
2016.07.19
インタビュー・社会状況変わった 協会に新しい魅力を協会名誉会長、名古屋学芸大学学長の井形昭弘さん。 井形さんは、40年の歴史を刻んだ日本尊厳死協会で2002年から11年間理事長を務められた。 87歳のいまも教壇に立つ名古屋学芸大学に訪ねた。
2016.04.08
インタビュー・その瞬間まで私らしく 自分で探した尊厳死協会女優・木内みどりさんは、40代半ばで日本尊厳死協会の会員となり20年余。その思いを東京・六本木のオフィスで鈴木裕也副理事長がインタビューした。
2016.01.12
協会の出版物など一覧へ一覧へ 協会の出版物など
DVD紹介ページへ

会報リビングウイル一覧へ一覧へ会報リビング・ウイル
2016.07.01発行No.162
No.162・インタビュー・澤地久枝
・新年度事業計画決まる
・昨年度「医療相談」結果
・韓国にも尊厳死法
etc
日本リビングウイル研究会レポート一覧へ一覧へLW研究会レポート
2016.09.01  第5回LW研究会「最期はどこで ~自分らしい終章を求めて~」【ビデオ報告】


2016年6月18日(土) 政策研究大学院大学 「想海樓ホール」にて、第5回LW研究会が開催された、第5回LW研究会「最期はどこで ~自分らしい終章

クリックするとページのトップに戻ります
サイトマップ
サイトマップ